秘書と野獣

絶対に面白いです。このブログにたどり着いたあなたのセンス◎

人生で初めて性病になったときのお話。 つらすぎた。。。

【スポンサーリンク】

 

みなさんに質問です。

 

性病になったことがありますか??

※童貞・処女のかたは勉強のためにも最後までぜひ読んでみてください☆

 

性病っていう言葉怖いですよね。。。

 

僕もまさか自分が性病にかかってしまうなんて思いもしませんでした

 

今回は僕が性病になってしまった経緯と完治までの流れを話したいと思います!

f:id:kasodan:20180418125035j:plain

初めての性病 相手との出会い

実は僕がまだ二十歳くらいのとき周りではちょこちょこ性病にかかってる友達が数名いた。

原因はやはり避妊用具(コン〇ーム)をつけなかったこと。

 

「お前らホンマバカじゃのー。 避妊くらいせぇやぁw」なんて笑いながらいつも話していた。

 

ちなみに症状を聞くだけで鳥肌がたち、病院での治療もかなりエグかったので絶対自分は気をつけようっていつも思ってた。

 

21歳の夏僕は友達の紹介で一人の女性と知り合った。

そのころはまだラインがスマホの普及もなく、みんなガラケーでメール交換をしていた。

僕も高校の時の友人に「だれか紹介してやぁ!」と行って3つ年上の女性のメールアドレスを教えてもらった。

 

何日間もメールを続け、そのうち顔も見たこともないのに電話をするような中になっていた。

 

「今度あそぼうやぁ」

 

「いいよ。最近車買ったしソッチまで遊びにいくよ!」

 

(ぃよっしゃあああああああああああ)

 

僕はかなり興奮していた。

 

そして当日(夜の11時くらい)

目の前に現れたのは当時は流行っていた「日産シーマ」が現れた。

運転席をみるとめっちゃかわいいギャルが乗ってるじゃないか。。。

 

「はじめましてー! でもあんだけ話してたら初めての気がしないね☆」

 

「たしかにねー! ちょっとブラブラしよっか」

 

僕も僕の息子もボルテージは最高潮!!!!

 

(っつかめっちゃ可愛いじゃん! マジでヤりたい! ってか付き合いたい)

僕は心の中で2万回くらいそう思った。

 

そして3時間くらい車でブラブラしたりちょっと歩いて公園を散歩したりして遊んだ。

 

「そろそろ疲れたし、車とめるよー?」

 

「おーいいよー! 車の中で少し話して、今日はもう遅いしかえろうや!」

 

ふと彼女の目を見るとすごく悲しそうな目をしていた。

 

「なんやw 寂しいんかー?w」

僕は調子に乗ってネタでそんなことを言ってみた。

するとまさかの。。。

 

「うん。。。まだ帰りたくない。。。」

 

(はい、コレは確実にもろたで! 言ってみるもんじゃの~)

 

「そっかぁ! んじゃ手つなごっか」(んじゃ、の意味がわからんw)

 

「うん。ありがとう」

 

そっからの流れはブログでは書けないようなことばかりなので割愛しますww

f:id:kasodan:20180418150536j:plain

 

 

初めての性病 症状が出始めた

そしていざ合体するとき(車の中)

 

「ありゃ、財布にはいっとるとおもったけどないわ。。。」

 

「コンビニいく??」

 

「アホか! こんな状態でコンビニはいったら通報されるわ!w」

 

「いやズボン履けばいいじゃんw」

 

「一回脱いだズボンは終わるまで履かないって決めとるの! このまましよー」

 

はい、完全にコレが原因ですね。

バカです。マジでバカです。

コンビニ行きゃいいじゃん。ズボン履けばいいじゃん。なにその決め事。

 

 

「今日ありがとねー!(いろんな意味で)」

 

「こちらこそ☆ また帰ったら連絡するねー!」

 

そしてバイバイした。

 

「いやぁ。 マジでえかったなーww(←ばか) はよ連絡こんかのー」

 

僕は完全に浮かれていた。

そして帰って寝て。数日間普通の生活をしていた。

 

そんなある日

「イタッ!! なにこの痛み」

用を足すたびに僕の息子が痛む。。。

 

「いや、まさか! ねーww」

このときはまさか自分が性病にかかるなんて。かかったとしても一回の行為ではさすがに大丈夫だと思っていた。

 

それから数日がたち

「痒いーーーーー! イタ痒い!!」

完全に症状が出ていた。

お〇っこするのに普段は一分くらいなので5分くらいかかっていた。

だって用を足すたびに痛いもんwww

 

「こりゃガチか??」

そうです。バカだから気づくの遅かったけどガチだったんです。

 

次の日の朝僕はいつもよりかなり早く目が覚めた

 

「あら。今日えらい起きるの早いねー! どしたん??」

ばあちゃんが朝食を作りながら言った。(ちなみにウチの両親は離婚して俺と兄貴は親父に引き取られて、親父とばあちゃんに育ててもらった)

 

「いや、実はね。。。かいーーの。。。イタがいーーーの。。。」

 

「??????」

 

僕は全てのことの流れをばあちゃんに説明した。

めちゃくちゃ恥ずかしかった。。。

僕がヤンチャしてたのは知ってたけど、なるべく心配かけないように生活していたのに。。。

 

「ひ、秘尿科いってみたら??(汗)」

 

「うん、今日会社休んで行ってくるわ。。。」

 

「あ、おはようございます〇〇ですけど。 すみません今日熱があるので仕事休みます。 え、、、あ 大丈夫っす! そこまではひどくないんで。。」

 

めっちゃウソついてる

会社にめっちゃウソついてまで秘尿科いこうとしてる

 

f:id:kasodan:20180418152742j:plain

診断 そして完治まで

「ぬぁあああ ちょw ほんま勘弁してください!!!」

 

俺は秘尿科の診察台の上で四つんばいになって、肛門に先生の指をつっこまれてた。

(キタなくてすみませんw 嫌いな方はコレ以上読まないほうが良いです)

 

「いや、こうしてっ。。 ほれ! こうして膿を出さないと! ほれっ!!」

 

「ぬあああああああああああああああああああ」

 

膿が僕の息子から出てきている。。。

 

 

「先生僕まさか女の人の前に男の人に指突っ込まれるとは思いませんでした。。」

 

「自分のしたことです。 反省してもう同じ過ちは犯さないでください」

 

病院の先生の言うことはいつもだいたい聞き流してたのに、このとき初めてマジメに話を聞いた。

 

「診断の結果はクラミジアとカンジダですね」

 

うわ、めっちゃ聞いたことある。

性病の代表的なヤツじゃん。

性病にかかる代表的な行動をして代表的な病気になってるやん。。。

 

「先生。それ治りますよね??」

 

「はい。今膿も出したし、炎症を抑える薬もだしておくので1週間くらいでだいぶ良くなりますよ。」

 

性病ってきくとどうしてもエイズのことが頭をよぎり、一生治らないんじゃないかって不安になってしまった。。。

 

 

「こちらの塗り薬を一日2回 それからこちらの飲み薬も一日2回おねがいしますね」

薬剤師の若いおねぇさんにそういって薬を渡された。

 

「あーこの人俺のことキタナイやつって思ってるだろうなぁ」っておもうととても切ない気持ちになった。

 

それから毎日塗り薬と飲み薬をかかさず使っていると5日くらいで症状はほとんど無くなった。

 

「もぉ~二度とあんなことせん!! 一時の興奮でここまでなったらホンマに損じゃ・・」

そう心に誓って、それ以来避妊用具ナシで行為をすることは一切なくなった。

 

最後に

以上が僕が性病になったときから完治までの流れでした。

 

一つ教訓になったのは

 

「その場の勢いでやってしまわない。後のリスクをしっかりと考える」

 

ただただ本能のままに動くのはただのサルです。

全うな人間ならばしっかり後々どうなるかっていうことまで考えることができると思います。

 

ただ目の前で可愛い女の子に誘われたら??

 

ノンノン

 

強い意志を持って行動しましょう!!!

 

では、あでぃおーーーす!!

 

 

 

え、その子とはどうなったかって??

実は今のおくさ・・・・んじゃなくてその事件以来一度も会うことはありませんでした。

なぜかというと病気持ちの子で有名だったからです。

そしてソレを知った後紹介してくれた友達にめちゃめちゃ文句言ったりましたw

 

では、また☆

 

※現在妻子がいますが、その一件があったのでしっかりとエイズ検査は受けております。

みなさんも気をつけてください☆